名 称

平和を希う念仏者の集い 全戦没者追悼法要
へいわをねがうねんぶつしゃのつどい

期 日

7月9日(火)

会 場

本願寺鷺森別院
 和歌山市鷺森1番地

日 程

12:30  受 付
13:30  全戦没者追悼法要
14:20  みんなで歌おう(コーラス)
14:50  休 憩
15:10  記念講演
16:10  閉 会

講 師

神戸修さん
本願寺派布教使、大阪芸術大学短期大学部講師
大阪教区西教寺住職(堺市)

講 題

「教団の戦争責任と日本国憲法」

趣 旨

 和歌山教区では、1994年(平成6年)7月8日に「全戦没者50年追悼法要」を勤修いたしました。これは戦争50年を節目として、基幹運動の歩みから非戦・戦争の取り組みを受け、すべての教区で「千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」の趣旨を体した法要を勤修していくことの呼びかけにより実施されました。
 1995年(平成7年)4月15日、本願寺御影堂での「終戦50周年全戦没者総追悼法要」のご親教で、ご門主は、

 戦争のために傷つき、斃れた方々の深い悲しみや切実な平和への願いに思いをいたす時、私たちは、心をひきしめ、襟を正さずにおれません。そして、とらわれをはなれて、過去の事実を確かめ、省み、戦争を繰り返さないよう、すべての人々に平和が実現するようにつとめなければなりません。それが、死をむだにしないということであります。(中略)
 世界の各地で争いの絶えない今、すべての「いのち」を尊ぶ仏教の精神を身につけ、実践していくことこそ、私たちの課題であると申せましょう。

と述べられました。このお心をいただくとき、再び戦争への道を歩まない平和な社会を築く運動を、単なる一過性のものに終わらせてはなりません。 
 和歌山教区では、1945(昭和20)年7月9日の和歌山市大空襲の日にあわせて、7月9日を「平和の日」と位置づけ、「平和を希う(ねがう)念仏者の集い―全戦没者追悼法要―」を開催し、いのちの尊厳を守る取り組みを進めております。

主催

浄土真宗本願寺派「御同朋の社会をめざす運動」和歌山教区委員会

お願い

境内駐車台数に限りがありますので、近隣の市営地下駐車場・私営駐車場をご利用いただくか、公共交通機関をご利用いただきご参拝ください。ご協力の程よろしくお願い申しあげます。

◆城北公園地下駐車場(和歌山市西鍛冶屋町)
 営業時間 7:30~24:00(1月1日~3日休業日)
 一時駐車料金 30分毎に100円
 最大料金 1日最大800円(8:00~23:00)
 夜間駐車料金 1泊400円(23:00~翌8:00)