去る11月27日、12時15分から社会福祉推進協議会和歌山教区支部主催チャリティバザーが鷺森別院本堂にて開催された。この日は鷺森別院報恩講の4日目、仏教婦人会の参拝奨励日にあたり、会員約350人が参集しており、会場は熱気に包まれた。
 このバザーは、「敬老の日のお祝い」や、「災害ボランティア活動支援」等の社推協が実施する事業の資金調達並びに社会福祉への啓発を目的として開催され、これに賛同する教区内寺院をはじめ、仏教婦人会や門徒推進員等の団体委員が多数の品物が提供され、この日109,810円の売上げがあった。