5月29日(金)に、鷺森ホール(和歌山市鷺森別院)において「御同朋の社会をめざす運動」教区委員会が開催され委員26名が出席した。この委員会では、2015年度から2017年度の3年間に渡り和歌山教区において展開する「実践運動の総合基本計画・重点プロジェクト」について協議され、和歌山教区では実践目標を「次代を担う人の育成」と掲げることに決定した。またその目標達成に向けた推進計画を協議し、その後、各専門部会に別れて、この推進計画において各部が担う役割等を確認。今後、具体的な活動が展開される。