去る5月23日(土)に、海南組西光寺(海南市阪井)において海南組仏教壮年会総会・研修会が開催され、組内仏教壮年23人と僧侶9人の総勢32人が参加した。総会では、今年度の事業計画と予算について審議・議決された。
 また、総会に引き続いて行われた研修会では、「はじめての浄土真宗」という継続したテーマのもと、第3回目となる今回は『「正信念仏偈」をあじわう』を講題として西専寺住職三澤泉師が講義を行い、参加者は熱心に聴聞した。