7月30日に、鷺森別院会議室にて「各種教化団体連絡協議会」が開催された。
 この会議は、「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)教区委員会 門信徒教化部会の本年度事業として、「次世代を担う人の育成」という教区重点プロジェクトの実践目標の達成に向け、各種教化団体が連携をはかり課題を共有することを目的として計画された。
 各種団体の委員長・理事長・副委員長・副理事長が一堂に会し、各団体の現況、課題をふまえ今年度の事業内容等を発表。「次世代を担う人の育成」が、どの団体にも共通した課題であり、その克服にむけて教区内の各種団体が連携・協力して取り組んでいくことをあらためて確認した。