海南組了賢寺(海南市冷水)で11月7日、恒例の子ども報恩講が開催された。
 毎年、当寺の報恩講法要に引き続き午後5時から開かれているもので、今年は児童20人が参加。本堂で「らいはいのうた」をお勤めし、住職のお話を聞いた。その後は、ゲームやビデオ鑑賞を楽しみ、お土産にお花の苗とお供えのお菓子を貰い閉会した。