伝えよう お念仏の喜びを

「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)2015~2017

和歌山教区「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画

 和歌山教区では、宗門の総合基本計画に基づき、実践目標を「次世代を担う人の育成」とし、僧侶・寺族・門信徒が手を携えて真の同朋教団・伝道教団として進んでいくことをめざして、「御同朋の社会をめざす運動」を展開いたします。クトをもとに「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)を進めて参ります。

スローガン

 「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)の主旨を簡潔に表したスローガンを掲げます。
 「結ぶ絆から、
    広がるご縁へ」

和歌山教区重点プロジェクト

◆重点プロジェクトについて◆
「重点プロジェクト」は、「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画に基づき、具体的な実践目標を定め取り組むものです。
 和歌山教区では、「重点プロジェクト」の「実践目標」を「次世代を担う人の育成」と掲げ、各組や各寺院と連携しつつ、強力に取り組みを進めていきます。

◆実践目標◆
次代を担う人の育成

◆推進期間◆
2015(平成27)年度~2017(平成29)年度

◆達成目標◆
①子ども・若者のご縁づくり。
②お寺とのご縁をさらに深める取り組み。

◆推進計画◆

2015年度推進計画
(1)御同朋・御同行の精神に基づき人の育成に取り組む。
 ①子ども・若者がお寺にご縁を深める取り組み。
 ②これまで寺院・法座等に関わりのなかった方へのアプローチ。
 ③積極的にお寺の活動に参画する人を育て、継続したつながりをもっていく。
(2)継続して行う活動や研修。
 ①キッズサンガの充実。
 ②各教化団体の活性化をはかる。
 ③僧侶研修会やブロック別門信徒の集い、平和の日の集いの開催。
 ④福祉研修会やビハーラ講座の開催。
 ⑤全員伝道・全員聞法に沿った法座活動の推進。
 ⑥組連研の開催促進と中央教修への参加奨励。
 ⑦ビハーラ活動や募金活動の継続。
 ⑧災害対策支援活動。
 ⑨布教団と協力しての法座支援活動。
 ⑩広報活動(教区報・ホームページ)の充実。
(3)その他
 ・「近同推」をはじめ和歌山県同宗連などの他団体との連携をはかる。
 ・その他必要と思われること。

2016年度推進計画
(1)子ども・若者ご縁づくり
 ①第25代専如ご門主様教区ご巡回を機縁に、ご門主世代の若者との繋がりをつくる。
 ②幼少年の教化活動に努める。
 ③キッズサンガや子ども報恩講の実施にあたり、各教化団体の積極的な参画のもと、世代
  を超えた伝道教化の場にしていく。
(2)災害対策
 ①教区の災害対策に努める。
 ②東日本大震災、熊本地震への継続的な支援活動を行う。

2017年度推進計画
・前年度の取り組みの成果と問題点を総括し、課題と展望を明らかにした上で、推進計画を作成する。
・3年間の総括と次期の重点目標等の作成。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 073-422-4677

Copyright © 本願寺鷺森別院・和歌山教区教務所 All Rights Reserved.